Mungkala.com

Mungkala in Japanese

Mungkala TCM Clinic   

ムンカラTCM(トラディショナル・チャイニーズ・メディスン)クリニックはタイの古都チェンマイに位置し、緑に溢れたクリーンな環境と、のどかなハーブガーデンに囲まれたロケーションにあります。

取り扱い内容はタイと中国での政府認定を受けたプラクティショナーによる、その時の貴方個人の症状や改善したい内容に応じて中国漢方、鍼、灸によるトリートメントを行っております。

 

 TCM Examinations

TCM(トラディショナル・チャイニーズ・メディスン)では4つの方法で診断をします;診る、聴くそして嗅ぐ、問診する、脈診する

注意:診察前にお茶やコーヒー、アルコール、その他、心臓を刺激し脈をあげる可能性のあるものは摂取しないようお願い致します。

また、舌に色がつくような食べ物、飲み物も避けて下さい。

現在、他の薬を飲んでいらっしゃる方は事前にお知らせ下さい。

-Chinese medicine

TCMは伝統的手法による処方箋に準じており、お薬内容のバランスを保ちつつ、抵抗力を補強し、副作用を減らす事が可能です。私どもの処方箋ではお薬を複数調合していますが、それは一種類のお薬だけよりも複数を組み合わせることで病気を治癒に向かわせる、新しいちからをはるか効果的に作り上げる事が可能になります。

-Acupuncture and Moxibustion......

鍼は病気予防そして病気の治療として金属の針で体にあるつぼに的確に働きかける方法です。灸は火をつけたもくさの熱さで体の特定の部分に刺激を与える方法です。

ムンカラクリニックでは鍼の施術に完全個別のお部屋をご用意しております。

当クリニックで使用する針は殺菌済みのステンレス・スチール製で、使い捨てです。

-The strength of our clinic

当クリニックの強みは併設の調剤室が薬草薬を患者様のお体の状態や個人的なご要望によって、様々なお薬のタイプでご用意できる事です。これらの薬は中国漢方によるトリートメントとしては、とても便利な形態になっております。また、鍼においてはソフトテクニックという、鍼が苦手な方や鍼治療を長く続けなければならない方に適しています。

-Dosage forms preparation

ご用意している薬のタイプ    私どもの調剤室が下記のような種類でお薬をご用意しております

・煎じ薬は薬草を通常20〜40分間煮出して頂いた後、薬草を取り除き溶液を抽出する調合剤です。この方法は吸収が早く、効果的なのが利点です。トリートメント内容に応じてお薬の調節が簡単でもあります。

・散剤薬は薬草をパウダー状に砕いて細かくし良く混ぜ合わせ、ティーバッグの中に入れたた調合剤です。お飲みになる前にティーバッグをお湯に漬けて用意します。この方法は特に薬剤が長時間の煮だしに向いていない等の兆候がある場合に適応されます。少量で飲んで頂けますし煎じ薬のように味が強くないのが特徴です。

・顆粒薬は煎じ薬と散剤薬とを凝縮した調合剤です。こちらのタイプは煎じ薬のメリットを持ち合わせていながら小さなパッケージをしているのでかさばらず、すぐにお湯に解け、飲み易いのが特徴です。

・ピルは薬草を上等なパウダー状に砕いて蜂蜜、水、お薬用のジュース等と混ぜ合わせて用意された調合剤です。こちらのタイプはゆっくり吸収されていきますので徐々に効きめがあらわれます。小さなサイズの容器に入っており、持ち運びや保存にとても便利です。